腱鞘炎 腫れ

腱鞘炎の腫れと前兆

突然ですが、手の親指を包み込むようにしてゲンコツを作ってください。
そしてその状態のままで、手首を左右に回転させて動かしてみてください。

 

 

いかがでしょう、手首のあたりに痛みや違和感を感じますか?
もし痛みや違和感を感じたら、それは腱鞘炎の前兆の可能性がありますので、
すぐに手を休め、指や手首の周囲をマッサージすることをオススメします。

 

 

 

 

腱鞘炎には主に二つの種類があります。

 

手首の腱鞘炎とも呼ばれる「ドケルバン病」と
指の曲げ伸ばしが不自由になる「バネ指」です。

 

 

どちらも手指の使いすぎが主な原因です。
そしてどちらの腱鞘炎も、必ず前兆があります。

 

  • 指や手首付近がだるい
  • 違和感がある
  • 腫れている
  • 熱を持っている

…などの症状です。

 

 

これらの症状は、楽器を弾く人、手指を使うことが多い家事を担う主婦、
パソコンのキーボードを一日中打って仕事をする人などがよく感じるものです。

 

特に腫れを感じるようになったら、腱鞘炎の一歩手前の段階にあるか、
既に腱鞘炎を発症している可能性がありますから、
すぐに作業をやめて安静にしてください。

 

長時間は避け、適度に休憩を入れましょう。

 

 

 

悪化させてからでは、治るまでに時間がかかるようになり、
かえって面倒なことになります。
今すぐちょっとだけ休んで、腱鞘炎を予防しましょう。

 

 

 

この辛い痛みから今すぐにでも逃れたいあなたへ

 

福辻鋭記さんの福辻式腱鞘炎改善プログラムの実践体験レビュー

 


14日で腱鞘炎の痛みとサヨナラ!今すぐにでもその痛みから逃れたいのであれば、こちらのページをチェックしてみてください。
腱鞘炎、テニス肘、ばね指のつらい痛みを和らげて改善する方法をお伝えいたします。

⇒ 詳しくはこちら

腱鞘炎改善のための無料メール講座


たとえば、こんな悩みで困っていませんか?

  • 整形外科で手術してもまた再発した
  • 手首がだるい
  • 整骨院に通っても一向に回復する気配がない
  • 安静にしていても良くならない
  • 腕が痛くてガマンできない
  • ピアノが弾けない、ゴルフが出来ない
  • ばね指、テニス肘が治らない

あなたはご存じでしたか?


実は、病院や治療院が行っている治療法は
一時的に痛みがなくなるだけで、再発する可能性が高いのです。


病院や治療院に頼らず、手術も薬も必要としない
根本から腱鞘炎を改善法を無料でお伝えします。


>>詳しくはこちら




関連ページ

慢性化すると治りにくくなる
腫れ、硬化、激痛に感じるほどの痛みなど腱鞘炎の細かい症状についての情報を掲載しています。慢性化したり症状が悪化する理由についてもとりあげました。
だるい症状を感じた時の対処法
腫れ、硬化、激痛に感じるほどの痛みなど腱鞘炎の細かい症状についての情報を掲載しています。慢性化したり症状が悪化する理由についてもとりあげました。
硬化してしまった筋肉を治す6つの方法
腫れ、硬化、激痛に感じるほどの痛みなど腱鞘炎の細かい症状についての情報を掲載しています。慢性化したり症状が悪化する理由についてもとりあげました。
放っておくと症状が悪化する可能性が高い
腫れ、硬化、激痛に感じるほどの痛みなど腱鞘炎の細かい症状についての情報を掲載しています。慢性化したり症状が悪化する理由についてもとりあげました。
激痛がある場合はどうすればいいか?
腫れ、硬化、激痛に感じるほどの痛みなど腱鞘炎の細かい症状についての情報を掲載しています。慢性化したり症状が悪化する理由についてもとりあげました。