腱鞘炎 激痛

激痛が走るほど重傷な腱鞘炎の場合は?

手首を回すだけで激痛が走る。
これは、ドゥケルバン腱鞘炎と呼ばれるものです。

 

手首に負担がかかりすぎる生活を続けていると発症する可能性があります。
また、子供が生まれて発症するケースもあります。

 

 

指を曲げる時に激痛が走り指を曲げられない。
これも腱鞘炎ですが、一般的にはバネ指と呼ばれます。

 

バネ指はパソコンやピアノの操作、書き物が多い生活を続けていると
発症する可能性があります。

 

 

 

この他に、アキレス腱鞘炎もあります。

 

普通に生活している分には、アキレス腱鞘炎にはなりませんが、
走ったり飛んだりするスポーツをやっている方、
例えば陸上、バスケット、バレーボールなどをやっている方が
アキレス腱鞘炎になる可能性があります。

 

 

 

 

腱鞘炎の治療としては、

  • 冷やす
  • 温める
  • 患部を固定する
  • 湿布(シップ)
  • 塗り薬
  • 痛み止めの注射

などがありますが、
激痛が走るほど重症な場合は、手術も視野にいれたほうがようでしょう。

 

 

手術は、全身麻酔ではなく局所麻酔が多いようです。
また、時間も30分から1時間ぐらいが通常のようです。
もちろん、状態によって様々ですが。

 

 

ただし、手術は後遺症が残る危険性があります。
このため、いろいろな情報を集め、
成功の確率が高そうな評判の高い病院を探すことが先決でしょう。

 

 

 

 

この辛い痛みから今すぐにでも逃れたいあなたへ

 

福辻鋭記さんの福辻式腱鞘炎改善プログラムの実践体験レビュー

 


14日で腱鞘炎の痛みとサヨナラ!今すぐにでもその痛みから逃れたいのであれば、こちらのページをチェックしてみてください。
腱鞘炎、テニス肘、ばね指のつらい痛みを和らげて改善する方法をお伝えいたします。

⇒ 詳しくはこちら

腱鞘炎改善のための無料メール講座


たとえば、こんな悩みで困っていませんか?

  • 整形外科で手術してもまた再発した
  • 手首がだるい
  • 整骨院に通っても一向に回復する気配がない
  • 安静にしていても良くならない
  • 腕が痛くてガマンできない
  • ピアノが弾けない、ゴルフが出来ない
  • ばね指、テニス肘が治らない

あなたはご存じでしたか?


実は、病院や治療院が行っている治療法は
一時的に痛みがなくなるだけで、再発する可能性が高いのです。


病院や治療院に頼らず、手術も薬も必要としない
根本から腱鞘炎を改善法を無料でお伝えします。


>>詳しくはこちら




関連ページ

慢性化すると治りにくくなる
腫れ、硬化、激痛に感じるほどの痛みなど腱鞘炎の細かい症状についての情報を掲載しています。慢性化したり症状が悪化する理由についてもとりあげました。
腫れと前兆について
腫れ、硬化、激痛に感じるほどの痛みなど腱鞘炎の細かい症状についての情報を掲載しています。慢性化したり症状が悪化する理由についてもとりあげました。
だるい症状を感じた時の対処法
腫れ、硬化、激痛に感じるほどの痛みなど腱鞘炎の細かい症状についての情報を掲載しています。慢性化したり症状が悪化する理由についてもとりあげました。
硬化してしまった筋肉を治す6つの方法
腫れ、硬化、激痛に感じるほどの痛みなど腱鞘炎の細かい症状についての情報を掲載しています。慢性化したり症状が悪化する理由についてもとりあげました。
放っておくと症状が悪化する可能性が高い
腫れ、硬化、激痛に感じるほどの痛みなど腱鞘炎の細かい症状についての情報を掲載しています。慢性化したり症状が悪化する理由についてもとりあげました。