腱鞘炎 症状

症状別腱鞘炎記事一覧

腱鞘炎が慢性化すると治りにくくなる

腱鞘炎は、筋肉が硬化(硬くなっている状態)しているにもかかわらず、首・肩・肘・手首を動かし続けてしまったために起こっています。初期の段階で治療すれば治りやすいですが、放っておくと慢性化しやすくなります。慢性化してしまうと、なかなか治りにくくなります。また、どんどん悪化もし、手首を思うように動かせなく...

≫続きを読む

腱鞘炎の腫れと前兆について

突然ですが、手の親指を包み込むようにしてゲンコツを作ってください。そしてその状態のままで、手首を左右に回転させて動かしてみてください。いかがでしょう、手首のあたりに痛みや違和感を感じますか?もし痛みや違和感を感じたら、それは腱鞘炎の前兆の可能性がありますので、すぐに手を休め、指や手首の周囲をマッサー...

≫続きを読む

腱鞘炎?だるい症状を感じた時の対処法

手や指が疲れていてだるい感じがする動かしづらい筋肉に違和感があるこんな症状が出た場合、腱鞘炎の疑いがあります。さらに、ピアノやパソコンなどで手や指を使いすぎるといった心当たりがあれば、腱鞘炎の可能性が大きいでしょう。ただし、これらの症状は腱鞘炎の第一段階で初期症状です。第二段階の症状に進むと、だるい...

≫続きを読む

硬化してしまった筋肉を治す6つの方法

腱鞘炎は、硬化してしまった筋肉を治すこと、これが腱鞘炎の治療です。ここでは、腱鞘炎の治療を簡単にいくつかご紹介します。温める、または冷やす筋肉を使った直後は冷やします。その後、しばらく時間がたってから温めます。硬化している筋肉をやわらげる効果があります。また、できるだけ安静にしておくことも大切です。...

≫続きを読む

放っておくと症状が悪化する可能性が高い腱鞘炎

手や指がなんとなく凝っている、倦怠感、動きが鈍い。こんな症状は、腱鞘炎の初期段階の症状と言えます。腱鞘炎は、放っておくと悪化するので、この初期段階の時点で対処することが大切です。自分でできる対処法としては以下の3つです温める・もしくは冷やす湿布を貼る患部を休めるです。ただし、ここで注意したいのは、温...

≫続きを読む

激痛がある場合はどうすればいいか?

手首を回すだけで激痛が走る。これは、ドゥケルバン腱鞘炎と呼ばれるものです。手首に負担がかかりすぎる生活を続けていると発症する可能性があります。また、子供が生まれて発症するケースもあります。指を曲げる時に激痛が走り指を曲げられない。これも腱鞘炎ですが、一般的にはバネ指と呼ばれます。バネ指はパソコンやピ...

≫続きを読む

この辛い痛みから今すぐにでも逃れたいあなたへ

 

福辻鋭記さんの福辻式腱鞘炎改善プログラムの実践体験レビュー

 


14日で腱鞘炎の痛みとサヨナラ!今すぐにでもその痛みから逃れたいのであれば、こちらのページをチェックしてみてください。
腱鞘炎、テニス肘、ばね指のつらい痛みを和らげて改善する方法をお伝えいたします。

⇒ 詳しくはこちら

腱鞘炎改善のための無料メール講座


たとえば、こんな悩みで困っていませんか?

  • 整形外科で手術してもまた再発した
  • 手首がだるい
  • 整骨院に通っても一向に回復する気配がない
  • 安静にしていても良くならない
  • 腕が痛くてガマンできない
  • ピアノが弾けない、ゴルフが出来ない
  • ばね指、テニス肘が治らない

あなたはご存じでしたか?


実は、病院や治療院が行っている治療法は
一時的に痛みがなくなるだけで、再発する可能性が高いのです。


病院や治療院に頼らず、手術も薬も必要としない
根本から腱鞘炎を改善法を無料でお伝えします。


>>詳しくはこちら