腱鞘炎 温める 冷やす

腱鞘炎は温めて治す?冷やして治す?

今このページにたどり着いたあなたはもしかしたら、
腱鞘炎の症状である手首や肘の痛みや腫れを感じて
困っているかもしれませんね。

 

 

そして
自宅での治療だけで治るのか?
いますぐ冷やしたらいいのか?
それとも温めるほうがいいのか?

 

迷っておられるかもしれません。

 

 

 

もし今、患部に腫れがあるのでしたら、まずはアイシングしましょう。
氷水をビニールに入れてタオルで巻くとか、冷湿布のストックがあれば
迷わず貼りましょう。

 

人間には自然治癒力が備わっていますから、
軽度の腱鞘炎であれば、自宅で治すことができます。

 

腫れが引くまではアイシングを続けてください。

 

 

 

その後は患部を温めるようにしましょう。

 

腱鞘炎に限ったことではなく、、
温めることで血行が良くなると、
様々な身体の不調が改善の方向に向かいます。

 

 

 

きっと今のあなたは身体全体が疲れていると思いますから、
是非ゆっくりと入浴してください。

 

それから、なるべく安静にしていてください。
特に手首や指を使う動作はできる限り避けることです。

 

 

来週で良いものは来週に廻し、誰かに手伝ってもらえそうなことは、
意地を張らずに手伝ってもらいましょう。

 

 

 

たかが腱鞘炎だとあまり軽く考えてはいけません。
風邪もこじらせれば万病の元と言われるように、
腱鞘炎も悪化させてしまうと、
かなりやっかいなものです。

 

 

この辛い痛みから今すぐにでも逃れたいあなたへ

 

福辻鋭記さんの福辻式腱鞘炎改善プログラムの実践体験レビュー

 


14日で腱鞘炎の痛みとサヨナラ!今すぐにでもその痛みから逃れたいのであれば、こちらのページをチェックしてみてください。
腱鞘炎、テニス肘、ばね指のつらい痛みを和らげて改善する方法をお伝えいたします。

⇒ 詳しくはこちら

腱鞘炎改善のための無料メール講座


たとえば、こんな悩みで困っていませんか?

  • 整形外科で手術してもまた再発した
  • 手首がだるい
  • 整骨院に通っても一向に回復する気配がない
  • 安静にしていても良くならない
  • 腕が痛くてガマンできない
  • ピアノが弾けない、ゴルフが出来ない
  • ばね指、テニス肘が治らない

あなたはご存じでしたか?


実は、病院や治療院が行っている治療法は
一時的に痛みがなくなるだけで、再発する可能性が高いのです。


病院や治療院に頼らず、手術も薬も必要としない
根本から腱鞘炎を改善法を無料でお伝えします。


>>詳しくはこちら




関連ページ

腱鞘炎の予防方法を3つご紹介します
腱鞘炎対策としての予防、やテーピング、マッサージなどについて解説しています。
有効なテーピングのやり方
腱鞘炎対策としての予防、やテーピング、マッサージなどについて解説しています。
湿布を貼らない方が治りが良くなるケース
腱鞘炎対策としての予防、やテーピング、マッサージなどについて解説しています。
休めて安静することが一番の治療法
腱鞘炎対策としての予防、やテーピング、マッサージなどについて解説しています。
マッサージが腱鞘炎に効果があるか?
腱鞘炎対策としての予防、やテーピング、マッサージなどについて解説しています。