腱鞘炎 安静

安静することが最も大事

私たちの身体は不調を感じると、
だるさや痛みや腫れという手段を用いて警告を発します。

 

人間がその小さな警告にすぐに気づいて
きちんと必要な処置をしなければ、身体はそのうち悲鳴をあげて、
結局は私たち自身が泣くことになります。

 

 

多くの方はその段階になって後悔するんですよね。

 

「ああ、あの時に少しだけ早く切り上げて、
身体を休ませておけばよかった…」
なんて…経験はありませんか?

 

 

 

泣きたくなるような痛みも不調も、最初はきっと小さくて、
一晩くらいで回復するようなものなのです。

 

 

今、私もパソコンに向かってこの記事を書いていますが
だいぶ肩が凝っています。

 

おまけに腕がだるくなってきました。特に右手首の辺り。
これは腱鞘炎の最初の予兆でしょう。

 

警告を無視してずっと手を使う作業を続ければ、
果ては本当に腱鞘炎になってしまいます。

 

腱鞘炎の一番の治療は、とにかく安静にすること

 

もし腫れや痛みがあるなら、
はじめは患部を冷やし、その後は温めて血行を良くしながら、
安静にして過ごしましょう。

 

ただ、 まだ病院の診察を受けていないなら
一度病院に行ってみるというのも一つです。

 

 

怖がらせるようですが、安静にしているのに痛みがが増してくるようなら、
本当に腱鞘炎なのかを見極める必要があります。
実はリウマチや膠原病などの別の症状かもしれません。

 

身体の発する警告を無視しないで、きちんと耳を傾けてあげてください。

 

 

この辛い痛みから今すぐにでも逃れたいあなたへ

 

福辻鋭記さんの福辻式腱鞘炎改善プログラムの実践体験レビュー

 


14日で腱鞘炎の痛みとサヨナラ!今すぐにでもその痛みから逃れたいのであれば、こちらのページをチェックしてみてください。
腱鞘炎、テニス肘、ばね指のつらい痛みを和らげて改善する方法をお伝えいたします。

⇒ 詳しくはこちら

腱鞘炎改善のための無料メール講座


たとえば、こんな悩みで困っていませんか?

  • 整形外科で手術してもまた再発した
  • 手首がだるい
  • 整骨院に通っても一向に回復する気配がない
  • 安静にしていても良くならない
  • 腕が痛くてガマンできない
  • ピアノが弾けない、ゴルフが出来ない
  • ばね指、テニス肘が治らない

あなたはご存じでしたか?


実は、病院や治療院が行っている治療法は
一時的に痛みがなくなるだけで、再発する可能性が高いのです。


病院や治療院に頼らず、手術も薬も必要としない
根本から腱鞘炎を改善法を無料でお伝えします。


>>詳しくはこちら




関連ページ

腱鞘炎の予防方法を3つご紹介します
腱鞘炎対策としての予防、やテーピング、マッサージなどについて解説しています。
有効なテーピングのやり方
腱鞘炎対策としての予防、やテーピング、マッサージなどについて解説しています。
湿布を貼らない方が治りが良くなるケース
腱鞘炎対策としての予防、やテーピング、マッサージなどについて解説しています。
温める?冷やす?どっちがいいの?
腱鞘炎対策としての予防、やテーピング、マッサージなどについて解説しています。
マッサージが腱鞘炎に効果があるか?
腱鞘炎対策としての予防、やテーピング、マッサージなどについて解説しています。