腱鞘炎 ピアノ 弾きすぎ

ピアノの弾きすぎが原因で起こる腱鞘炎

腱鞘炎はさまざまな反復動作をし続けることで、
腱が酷使され、炎症が起こります。

 

ピアノなどの楽器の練習は同じ姿勢で同じ動作を続けるために、
腱鞘炎を引き起こしやすい環境といえます。

 

 

遅れを取り戻そうと練習をすればするほど痛み、
治りも悪くなっていってしまいます。

 

また、一度痛めると「くせ」になってしまい、
再発しやすいので、注意が必要です。

 

それでは、どうすれば
ピアノによる腱鞘炎を防ぐことができるでしょうか。

 

 

まず、練習を始める前のウォーミングアップとして、
また練習終了後のクールダウンとしてはもちろん、
普段から時間があるときは、手指のストレッチを行いましょう。

 

 

 

いきなりウォーミングアップなしで弾き始めるのは、
水泳でいきなり水に入り、足がつってしまうのと同じようなことなのです。

 

練習は無理な計画をせず、時々休みを入れることも必要です。
このときにもストレッチを欠かさず行いましょう。

 

 

さらに、反復動作によって起こる炎症ですから、
少しでも痛みを感じたらそれ以上弾かないという決断が必要です。

 

あと少し、あと少しと痛みを我慢して、練習を続けると、
確実に腱鞘炎になってしまいます。

 

万が一痛みが出たら、患部を冷やし、痛みや炎症を抑えます。

 

 

この辛い痛みから今すぐにでも逃れたいあなたへ

 

福辻鋭記さんの福辻式腱鞘炎改善プログラムの実践体験レビュー

 


14日で腱鞘炎の痛みとサヨナラ!今すぐにでもその痛みから逃れたいのであれば、こちらのページをチェックしてみてください。
腱鞘炎、テニス肘、ばね指のつらい痛みを和らげて改善する方法をお伝えいたします。

⇒ 詳しくはこちら

腱鞘炎改善のための無料メール講座


たとえば、こんな悩みで困っていませんか?

  • 整形外科で手術してもまた再発した
  • 手首がだるい
  • 整骨院に通っても一向に回復する気配がない
  • 安静にしていても良くならない
  • 腕が痛くてガマンできない
  • ピアノが弾けない、ゴルフが出来ない
  • ばね指、テニス肘が治らない

あなたはご存じでしたか?


実は、病院や治療院が行っている治療法は
一時的に痛みがなくなるだけで、再発する可能性が高いのです。


病院や治療院に頼らず、手術も薬も必要としない
根本から腱鞘炎を改善法を無料でお伝えします。


>>詳しくはこちら




関連ページ

腱鞘炎になる原因で代表的なものとは?
腱鞘炎の原因はなんなのか?育児、ピアノ、パソコン、テニスなど腱鞘炎になる原因やきっかけについてまとめました。よくある起こりやすい例やパターンについて詳しく掘り下げました。
育児中の腱鞘炎にならないための方法
腱鞘炎の原因はなんなのか?育児、ピアノ、パソコン、テニスなど腱鞘炎になる原因やきっかけについてまとめました。よくある起こりやすい例やパターンについて詳しく掘り下げました。
パソコンのやり過ぎで痛いあなたへ
腱鞘炎の原因はなんなのか?育児、ピアノ、パソコン、テニスなど腱鞘炎になる原因やきっかけについてまとめました。よくある起こりやすい例やパターンについて詳しく掘り下げました。
テニスで腱鞘炎などの故障を予防するために
腱鞘炎の原因はなんなのか?育児、ピアノ、パソコン、テニスなど腱鞘炎になる原因やきっかけについてまとめました。よくある起こりやすい例やパターンについて詳しく掘り下げました。