腱鞘炎 パソコン やりすぎ

パソコン使用で腱鞘炎予防法とストレッチ

 

IT技術の進化により、日本人の生活はかなり快適になったと思います。
また、一家に一台はパソコンがあるのが普通になってきていますね。
一日に何時間もパソコンを使う人も多いようです。

 

 

 

ただし、最近はパソコンのやりすぎで腱鞘炎になる人が急増しています。

 

これは、マウスのクリック操作やタイピングで同じ運動を何度も繰り返し、
関節に炎症を引き起こしてしまうことが原因です。

 

ネットゲーム、パソコンゲームはいい例です。

 

 

 

 

一度腱鞘炎になってしまうと、なかなか治りにくく慢性化しやすいため、
予防が必要になります。

 

ここでは、パソコン操作での予防方法を簡単にご紹介します。

 

 

  • パソコンに向かうときの姿勢は、ヒジが下がったり肩が上がったりしないような姿勢を保つことが大切です。約90度の角度でヒジを曲げられる姿勢が良いでしょう。
  • マウスは小ぶりのものを使用します。マウスが大きいと腕や肩への負担が増えてしまいます。
  • 一時間に1回程度、手首や腕のストレッチをします。

 

 

ストレッチは下記の方法が効果的です。

  1. 手の甲を持ちゆっくり息を吐きながらヒジを下ろしていく動作を繰り返す
  2. 手を親指側から持ち手のひらを外側に向けるように少し捻りを加える
  3. 手の平を上に向け親指以外の指を軽く握って息を吐きながらゆっくりヒジを伸ばす。

 

 

パソコンを普段から長時間使っているような方はぜひ試してみてください。

 

 

この辛い痛みから今すぐにでも逃れたいあなたへ

 

福辻鋭記さんの福辻式腱鞘炎改善プログラムの実践体験レビュー

 


14日で腱鞘炎の痛みとサヨナラ!今すぐにでもその痛みから逃れたいのであれば、こちらのページをチェックしてみてください。
腱鞘炎、テニス肘、ばね指のつらい痛みを和らげて改善する方法をお伝えいたします。

⇒ 詳しくはこちら

腱鞘炎改善のための無料メール講座


たとえば、こんな悩みで困っていませんか?

  • 整形外科で手術してもまた再発した
  • 手首がだるい
  • 整骨院に通っても一向に回復する気配がない
  • 安静にしていても良くならない
  • 腕が痛くてガマンできない
  • ピアノが弾けない、ゴルフが出来ない
  • ばね指、テニス肘が治らない

あなたはご存じでしたか?


実は、病院や治療院が行っている治療法は
一時的に痛みがなくなるだけで、再発する可能性が高いのです。


病院や治療院に頼らず、手術も薬も必要としない
根本から腱鞘炎を改善法を無料でお伝えします。


>>詳しくはこちら




関連ページ

腱鞘炎になる原因で代表的なものとは?
腱鞘炎の原因はなんなのか?育児、ピアノ、パソコン、テニスなど腱鞘炎になる原因やきっかけについてまとめました。よくある起こりやすい例やパターンについて詳しく掘り下げました。
育児中の腱鞘炎にならないための方法
腱鞘炎の原因はなんなのか?育児、ピアノ、パソコン、テニスなど腱鞘炎になる原因やきっかけについてまとめました。よくある起こりやすい例やパターンについて詳しく掘り下げました。
ピアノの弾きすぎ
腱鞘炎の原因はなんなのか?育児、ピアノ、パソコン、テニスなど腱鞘炎になる原因やきっかけについてまとめました。よくある起こりやすい例やパターンについて詳しく掘り下げました。
テニスで腱鞘炎などの故障を予防するために
腱鞘炎の原因はなんなのか?育児、ピアノ、パソコン、テニスなど腱鞘炎になる原因やきっかけについてまとめました。よくある起こりやすい例やパターンについて詳しく掘り下げました。