腱鞘炎 育児中

育児中に腱鞘炎にならないために

腱鞘炎の原因の一つに育児があります。

 

これは、赤ちゃんを毎日抱き上げたり、授乳したりすることで
手首や指に負担がかかることで発症します。
また、産後に出されるホルモンも関係しています。

 

 

 

育児をする母親の半分近くが腱鞘炎になってしまうというデータもありますので、
ここでは、育児における腱鞘炎の予防について簡単にご紹介します。

 

  • 授乳用クッションや枕などを使い、子供の体重が腕や手首にかからないように授乳します。
  • 授乳の姿勢を同じ状態で長時間保たないように、縦抱き、フットボール抱きなど、抱き方にバリエーションを用います。
  • 腱鞘炎が起きるときは、手や手首だけでなく、腕・肩・背中全体がこっていることが多いそうです。このため、日頃から腕、肩、背中を動かすストレッチをして柔軟性を高めておくようにします。
  • 数十分でもよいので、代わりに抱っこしてくれる人が周りにいたらお願いしてみましょう。

 

また、痛みが出た時湿布を貼ることは一般的な対処方法ですが、
授乳をしている人は湿布はやめておきましょう。

 

湿布は有益性投与をしているのでおっぱいにその成分が出てしまいますが、
赤ちゃんがそのおっぱいを飲むとアレルギーになりやすいと言われています。

 

 

この辛い痛みから今すぐにでも逃れたいあなたへ

 

福辻鋭記さんの福辻式腱鞘炎改善プログラムの実践体験レビュー

 


14日で腱鞘炎の痛みとサヨナラ!今すぐにでもその痛みから逃れたいのであれば、こちらのページをチェックしてみてください。
腱鞘炎、テニス肘、ばね指のつらい痛みを和らげて改善する方法をお伝えいたします。

⇒ 詳しくはこちら

腱鞘炎改善のための無料メール講座


たとえば、こんな悩みで困っていませんか?

  • 整形外科で手術してもまた再発した
  • 手首がだるい
  • 整骨院に通っても一向に回復する気配がない
  • 安静にしていても良くならない
  • 腕が痛くてガマンできない
  • ピアノが弾けない、ゴルフが出来ない
  • ばね指、テニス肘が治らない

あなたはご存じでしたか?


実は、病院や治療院が行っている治療法は
一時的に痛みがなくなるだけで、再発する可能性が高いのです。


病院や治療院に頼らず、手術も薬も必要としない
根本から腱鞘炎を改善法を無料でお伝えします。


>>詳しくはこちら




関連ページ

腱鞘炎になる原因で代表的なものとは?
腱鞘炎の原因はなんなのか?育児、ピアノ、パソコン、テニスなど腱鞘炎になる原因やきっかけについてまとめました。よくある起こりやすい例やパターンについて詳しく掘り下げました。
ピアノの弾きすぎ
腱鞘炎の原因はなんなのか?育児、ピアノ、パソコン、テニスなど腱鞘炎になる原因やきっかけについてまとめました。よくある起こりやすい例やパターンについて詳しく掘り下げました。
パソコンのやり過ぎで痛いあなたへ
腱鞘炎の原因はなんなのか?育児、ピアノ、パソコン、テニスなど腱鞘炎になる原因やきっかけについてまとめました。よくある起こりやすい例やパターンについて詳しく掘り下げました。
テニスで腱鞘炎などの故障を予防するために
腱鞘炎の原因はなんなのか?育児、ピアノ、パソコン、テニスなど腱鞘炎になる原因やきっかけについてまとめました。よくある起こりやすい例やパターンについて詳しく掘り下げました。