腱鞘炎 手術 リスク

腱鞘炎手術をする前に知っておくべきリスク

あなたは腱鞘炎になったことがありますか?

 

腱鞘炎は簡単に言ってしまえば
手や指の使いすぎで、指や手首周りの腱が炎症を起こし、
腫れや痛みが発生したり、力が入らなくなったり、指を伸ばすことが
困難になる症状です。

 

 

病院での診断は、整形外科に行けばしてくれるでしょう。

 

手を使わないようにしたり、テーピングをするなどしてなるべく安静にし、
時間の経過とともに症状が落ち着くのを待つというのが、
自分でできる一番簡単な対処法です。

 

 

 

でも日常生活の中で、仕事や育児、介護や家事など
手を酷使する場面は多くあり、
腱鞘炎以外に重い身体の不調でもなければ、
なかなか安静にして手を休めるということは難しいですよね。

 

 

最初は少し違和感を感じる程度か、
あるいは全く自覚症状のない状態だったのに、
気づいたらあっと言う間にかなり酷い状態になっていた、というのも
腱鞘炎で悩まれている方にはよくあることです。

 

そうなった時に病院に行っても、
実は鎮痛剤などを処方されるだけ、ということもあります。

 

 

ただし指の曲げ伸ばしが相当困難だったり、
ちょっと動かしただけで激痛を感じるほど
症状がひどい場合は、病院での手術をすすめられることがあります。

 

 

手術は10分〜20分ほどで終わる、比較的簡単なものです。
保険が適用され、費用は8,000円前後です。

 

整形外科がある病院なら、一般的に手術の対応は可能ですが、医師にもよるところがあります
痛みを発している部位の腱鞘を切除します。

 

傷が治るまで水仕事は制限されますが、
完全に切除してしまえば、その部位が腱鞘炎になることはもうなくなります。

 

 

 

ただ副作用として、手術後に握力が弱くなるということがあるようですので、
できればそこまで酷くならないうちに、いえ、
腱鞘炎そのものにならないうちに、
適度な休息を取ったり温めるなどのケアをし、
予防を心がけたいですね。

 

この辛い痛みから今すぐにでも逃れたいあなたへ

 

福辻鋭記さんの福辻式腱鞘炎改善プログラムの実践体験レビュー

 


14日で腱鞘炎の痛みとサヨナラ!今すぐにでもその痛みから逃れたいのであれば、こちらのページをチェックしてみてください。
腱鞘炎、テニス肘、ばね指のつらい痛みを和らげて改善する方法をお伝えいたします。

⇒ 詳しくはこちら

腱鞘炎改善のための無料メール講座


たとえば、こんな悩みで困っていませんか?

  • 整形外科で手術してもまた再発した
  • 手首がだるい
  • 整骨院に通っても一向に回復する気配がない
  • 安静にしていても良くならない
  • 腕が痛くてガマンできない
  • ピアノが弾けない、ゴルフが出来ない
  • ばね指、テニス肘が治らない

あなたはご存じでしたか?


実は、病院や治療院が行っている治療法は
一時的に痛みがなくなるだけで、再発する可能性が高いのです。


病院や治療院に頼らず、手術も薬も必要としない
根本から腱鞘炎を改善法を無料でお伝えします。


>>詳しくはこちら




関連ページ

腱鞘炎になったら整骨院へ行くべき?それとも…
整骨院、病院、整形外科など腱鞘炎を治療できる治療院についての情報をまとめました。
鍼灸院という選択
整骨院、病院、整形外科など腱鞘炎を治療できる治療院についての情報をまとめました。
整形外科での腱鞘炎治療はどんな感じ?
整骨院、病院、整形外科など腱鞘炎を治療できる治療院についての情報をまとめました。