ばね指 治療法

ばね指(弾発指)のしくみと治療法

ばね指(弾発指)とは
指の根元近くの腱の炎症の事で、
指を曲げた時に、伸ばそうと思っても伸びなかったり、
または無理に伸ばすと痛みが生じる症状を言います。

 

 

腱鞘(けんしょう)は、腱とそれを納める鞘に分かれており、
指を曲げたり伸ばしたりするのが腱の役目で、
指を曲げる時に腱が浮き上がらないようにする組織が鞘です。

 

腱と鞘の間に炎症がおこると
刺激のため腱が厚く硬くなったり、鞘が厚くなったりして
結果、腱の動きが悪くなります。

 

 

これを無理して動かそうとしているうちに、
指がバネのように急に伸びたりするのが
ばね指と呼ばれる症状です。

 

 

 

ばね指の症状が軽い内は、指を動かした時に違和感を感じる程度で
痛みをほとんど感じる事はありません。

 

ですが、症状が重くなってくると
突然激痛が走ったり、指に力が入らなくなったり、
曲げる事が出来なくなります。

 

また、指を伸ばそうとするとゴリッと音が鳴る場合もあります。

 

 

 

治療方法としては初期の状態では
患部を固定し安静にする事で回復する場合があります。

 

また、炎症がある場合は冷湿布、炎症が収まったら
温湿布をする事でも改善します。

 

固定療法によって症状が改善した場合は
痛みの無い範囲で運動療法を行います。

 

 

 

多くの場合は、固定療法と運動療法で症状の改善が見られますが
それでも見られない場合は手術という選択肢もあります。

 

いずれの場合も信頼の置ける専門医による診断を受け
納得して治療する事が重要でしょう。

この辛い痛みから今すぐにでも逃れたいあなたへ

 

福辻鋭記さんの福辻式腱鞘炎改善プログラムの実践体験レビュー

 


14日で腱鞘炎の痛みとサヨナラ!今すぐにでもその痛みから逃れたいのであれば、こちらのページをチェックしてみてください。
腱鞘炎、テニス肘、ばね指のつらい痛みを和らげて改善する方法をお伝えいたします。

⇒ 詳しくはこちら

腱鞘炎改善のための無料メール講座


たとえば、こんな悩みで困っていませんか?

  • 整形外科で手術してもまた再発した
  • 手首がだるい
  • 整骨院に通っても一向に回復する気配がない
  • 安静にしていても良くならない
  • 腕が痛くてガマンできない
  • ピアノが弾けない、ゴルフが出来ない
  • ばね指、テニス肘が治らない

あなたはご存じでしたか?


実は、病院や治療院が行っている治療法は
一時的に痛みがなくなるだけで、再発する可能性が高いのです。


病院や治療院に頼らず、手術も薬も必要としない
根本から腱鞘炎を改善法を無料でお伝えします。


>>詳しくはこちら




関連ページ

親指の痛みはコレだった
親指、小指、肘、肩など、腱鞘炎になりやすい場所について解説しています。
腕に起こる腱鞘炎はどんな感覚?
親指、小指、肘、肩など、腱鞘炎になりやすい場所について解説しています。
肘の痛みを和らげて腱鞘炎予防するには?
親指、小指、肘、肩など、腱鞘炎になりやすい場所について解説しています。
小指が痛いのはゴルフが原因かも?
親指、小指、肘、肩など、腱鞘炎になりやすい場所について解説しています。
肩にも腱鞘炎が起こりうる
親指、小指、肘、肩など、腱鞘炎になりやすい場所について解説しています。