腱鞘炎 小指 ゴルフ

腱鞘炎で小指が痛いのはゴルフが原因かも?

腱鞘炎は手首や指の使い過ぎで起こります。

 

筋肉の力を指先に伝える腱と、
それを筒のように包み込んでいる腱鞘に炎症が起こり、痛みや腫れが起きたり、
力が入らなかったり、指の曲げ伸ばしに違和感が生じたりします。

 

 

たかが使い過ぎと侮っていると長引いたり、指の曲げ伸ばしが不自由になったり、
少し動かしただけで激痛が走るなどの重症になり、
そこまで悪化すると手術をしなければ治らないこともあるなど、
厄介になります。

 

 

 

多くは手首や親指に痛みなどが発生しますが、時には小指にも発生します。

 

パソコンで文字を多く打つ仕事をする人や、家事による手指の使い過ぎが
原因になることもあり、どちらかと言うと、男性よりも筋力の弱い女性のほうが、
発症しやすいと言われています。

 

 

また最近は、女性向けのファッション雑誌で
ゴルフウェアの特集が組まれているのをよく目にしますね。

 

それだけ女性のゴルフ人口が増えている証拠だと思いますが、
スイングが自己流で力を上手にクラブやボールに伝えられないものだったり、
腕に変な負担をかけるものだったりすると、腱鞘炎になりやすいと言えます。

 

ゴルフが原因で発症する腱鞘炎では
よく小指の痛みを訴えるケースが多いようです。

 

 

たかが小指、されど小指。この細く小さな指でも、
腱鞘炎になるとかなり辛いものですから、手の使いすぎには十分
気をつけましょう。

この辛い痛みから今すぐにでも逃れたいあなたへ

 

福辻鋭記さんの福辻式腱鞘炎改善プログラムの実践体験レビュー

 


14日で腱鞘炎の痛みとサヨナラ!今すぐにでもその痛みから逃れたいのであれば、こちらのページをチェックしてみてください。
腱鞘炎、テニス肘、ばね指のつらい痛みを和らげて改善する方法をお伝えいたします。

⇒ 詳しくはこちら

腱鞘炎改善のための無料メール講座


たとえば、こんな悩みで困っていませんか?

  • 整形外科で手術してもまた再発した
  • 手首がだるい
  • 整骨院に通っても一向に回復する気配がない
  • 安静にしていても良くならない
  • 腕が痛くてガマンできない
  • ピアノが弾けない、ゴルフが出来ない
  • ばね指、テニス肘が治らない

あなたはご存じでしたか?


実は、病院や治療院が行っている治療法は
一時的に痛みがなくなるだけで、再発する可能性が高いのです。


病院や治療院に頼らず、手術も薬も必要としない
根本から腱鞘炎を改善法を無料でお伝えします。


>>詳しくはこちら




関連ページ

ばね指(弾発指)のしくみと治療法
親指、小指、肘、肩など、腱鞘炎になりやすい場所について解説しています。
親指の痛みはコレだった
親指、小指、肘、肩など、腱鞘炎になりやすい場所について解説しています。
腕に起こる腱鞘炎はどんな感覚?
親指、小指、肘、肩など、腱鞘炎になりやすい場所について解説しています。
肘の痛みを和らげて腱鞘炎予防するには?
親指、小指、肘、肩など、腱鞘炎になりやすい場所について解説しています。
肩にも腱鞘炎が起こりうる
親指、小指、肘、肩など、腱鞘炎になりやすい場所について解説しています。