腱鞘炎 肩

肩にも腱鞘炎が起こる?

腱鞘炎は手に起こる病気だと思っている人も多いと思いますが、
腱鞘炎は肩にも起こりうる病気なのです。

 

もともと腱鞘炎になる原因ははっきりと分かっているものではないのですが、
特定の筋肉を使い過ぎることにより起きるということが考えらているのです。

 

 

腱鞘炎が肩に起きる原因は、
肩を酷使するスポーツなどをする人達で、
ゴルフやテニスや野球をする人に起こることが多くなるのです。

 

 

肩に腱鞘炎が起きると、
肩を動かす時に痛みを感じて、
腕を上げることができなくなることもあるのです。

 

肩に腱鞘炎が起きたら患部を温めることがおすすめで、
しばらく肩を動かす動作は行わないようにした方がいいのです。

 

それでも治らない場合には病院で検査してもらいましょう。

 

この辛い痛みから今すぐにでも逃れたいあなたへ

 

福辻鋭記さんの福辻式腱鞘炎改善プログラムの実践体験レビュー

 


14日で腱鞘炎の痛みとサヨナラ!今すぐにでもその痛みから逃れたいのであれば、こちらのページをチェックしてみてください。
腱鞘炎、テニス肘、ばね指のつらい痛みを和らげて改善する方法をお伝えいたします。

⇒ 詳しくはこちら

腱鞘炎改善のための無料メール講座


たとえば、こんな悩みで困っていませんか?

  • 整形外科で手術してもまた再発した
  • 手首がだるい
  • 整骨院に通っても一向に回復する気配がない
  • 安静にしていても良くならない
  • 腕が痛くてガマンできない
  • ピアノが弾けない、ゴルフが出来ない
  • ばね指、テニス肘が治らない

あなたはご存じでしたか?


実は、病院や治療院が行っている治療法は
一時的に痛みがなくなるだけで、再発する可能性が高いのです。


病院や治療院に頼らず、手術も薬も必要としない
根本から腱鞘炎を改善法を無料でお伝えします。


>>詳しくはこちら




関連ページ

ばね指(弾発指)のしくみと治療法
親指、小指、肘、肩など、腱鞘炎になりやすい場所について解説しています。
親指の痛みはコレだった
親指、小指、肘、肩など、腱鞘炎になりやすい場所について解説しています。
腕に起こる腱鞘炎はどんな感覚?
親指、小指、肘、肩など、腱鞘炎になりやすい場所について解説しています。
肘の痛みを和らげて腱鞘炎予防するには?
親指、小指、肘、肩など、腱鞘炎になりやすい場所について解説しています。
小指が痛いのはゴルフが原因かも?
親指、小指、肘、肩など、腱鞘炎になりやすい場所について解説しています。