腱鞘炎 肘 痛み

肘の痛みを和らげ、腱鞘炎予防するには?

肘の曲げ伸ばしに違和感がある、または痛みがあるという場合、
肘そのものに原因があることももちろんありますが、
腱鞘炎が影響している可能性があります。

 

腱鞘炎は指や手の使い過ぎが原因ですから、
多くは手首の違和感や痛みを訴えて病院を受診しますが、
連動する肘に痛みを感じるのも不思議はありませんね。

 

 

実際、手首を動かす時に一緒に使われている筋肉があり、
手首の筋肉の使い過ぎは肘にも少なからず負担がかかってきます。

 

 

つまりこの繋がっている筋肉の使い過ぎをも意味し、
結果として腱鞘炎を患っている人が肘痛にも悩まされるのは、
よくあることなのです。

 

腱鞘炎を予防するには、
手を使う動作を長時間する時に適度に休息を取り入れて、姿勢を正すことです。

 

 

例えば、パソコンの前に長時間座って仕事をしていると、
気づかないうちに前傾の姿勢になっていることが多くあります。
その状態で一心不乱にキーボード上で指を動かす動作を繰り返すと、
指は当然のこと、自然と肩、肘、腕にも負担がかかっています。

 

 

よく聞く言葉だと思いますが、
1時間に一度は5分でもいいので休憩を取り、
手首や肩を回したり、ストレッチなどで凝りをほぐしましょう。

 

がむしゃらにぶっ続けで仕事し続けるよりも
むしろ、適度にほんの少しだけ休憩を挟むことで
その後の仕事の効率もアップします。

 

 

 

女性は男性に比べて、会社を離れても手を使う機会が多いと思います。
やはりどうしても家事の細かい作業は、女性が担うことが多いからです。
無理をして腱鞘炎になれば、かえってやっかいなことになりますから、

 

いろいろと早く片付けてしまいたくても、手や肘に違和感を感じたら、
目の前の作業を明日に回す機転も必要です。

 

この辛い痛みから今すぐにでも逃れたいあなたへ

 

福辻鋭記さんの福辻式腱鞘炎改善プログラムの実践体験レビュー

 


14日で腱鞘炎の痛みとサヨナラ!今すぐにでもその痛みから逃れたいのであれば、こちらのページをチェックしてみてください。
腱鞘炎、テニス肘、ばね指のつらい痛みを和らげて改善する方法をお伝えいたします。

⇒ 詳しくはこちら

腱鞘炎改善のための無料メール講座


たとえば、こんな悩みで困っていませんか?

  • 整形外科で手術してもまた再発した
  • 手首がだるい
  • 整骨院に通っても一向に回復する気配がない
  • 安静にしていても良くならない
  • 腕が痛くてガマンできない
  • ピアノが弾けない、ゴルフが出来ない
  • ばね指、テニス肘が治らない

あなたはご存じでしたか?


実は、病院や治療院が行っている治療法は
一時的に痛みがなくなるだけで、再発する可能性が高いのです。


病院や治療院に頼らず、手術も薬も必要としない
根本から腱鞘炎を改善法を無料でお伝えします。


>>詳しくはこちら




関連ページ

ばね指(弾発指)のしくみと治療法
親指、小指、肘、肩など、腱鞘炎になりやすい場所について解説しています。
親指の痛みはコレだった
親指、小指、肘、肩など、腱鞘炎になりやすい場所について解説しています。
腕に起こる腱鞘炎はどんな感覚?
親指、小指、肘、肩など、腱鞘炎になりやすい場所について解説しています。
小指が痛いのはゴルフが原因かも?
親指、小指、肘、肩など、腱鞘炎になりやすい場所について解説しています。
肩にも腱鞘炎が起こりうる
親指、小指、肘、肩など、腱鞘炎になりやすい場所について解説しています。